1. トップ
  2. 温泉

温泉

当館自慢の「美肌の湯」

善光寺詣りの精進落としの湯としても名高い、戸倉上山田温泉の湯。
豊かな湯量と効能で体と心を癒してくれます。
屋上露天風呂、大浴場共にいつでもお入りいただけます。
  • 男性露天風呂「荒砥」

    信州の山並みと温泉街を見渡す当館自慢の露天風呂。
    開放感のある露天風呂は、昼・夕とで異なる雰囲気をお楽しみください。

    男性露天風呂は5階にございます。
    2014年リニューアル。ノルウェー産のエメラルドパールを使っております。

    月~木曜18:00~20:00に限り、貸切露天風呂を無料でご利用いただけます。
    ※休前日、連休日、特別日(GW、旧盆)を除く。
    先着順となっておりますので、あらかじめご了承をお願い致します。
    利用時間
    チェックイン後~翌朝9:30まで
    入浴区分
    男湯
  • 女性露天風呂「千曲」

    女性露天風呂は5階にございます。
    2014年リニューアル。佐久産の鉄平石を使っております。


    月~木曜18:00~20:00に限り、貸切露天風呂を無料でご利用いただけます。
    ※休前日、連休日、特別日(GW、旧盆)を除く。
    先着順となっておりますので、あらかじめご了承をお願い致します。
    利用時間
    チェックイン後~翌朝9:30まで
    入浴区分
    女湯
  • 男性大浴場「岩風呂」

    何も加えない、掛け流しの天然温泉を、ゆったりと味わっていただける広々とした大浴場です。
    戸倉上山田温泉には50以上の源泉があり、当館はその中の9本を束ねています。
    それ故に湯量は豊富で、1日の中でも色の変化があることも魅力の一つです。


    岩風呂の男性大浴場は1階奥にございます。
    岩風呂には打たせ湯がございます。
    利用時間
    チェックイン後~翌朝9:30まで
    入浴区分
    男湯
    特徴
    アメニティ:石鹸 / ボディーソープ / シャンプー / コンディショナー
  • 女性大浴場「檜風呂」

    檜風呂の女性大浴場は1階奥にございます。
    色白すべすべ肌になると評判の「美白の湯」をご堪能ください。
    利用時間
    チェックイン後~翌朝9:30まで
    入浴区分
    女湯
    特徴
    アメニティ:石鹸 / ボディーソープ / シャンプー / コンディショナー
  • 脱衣場

    脱衣場にはお子様向けのバスグッズもご用意しております。
    どうぞご自由にお使いください♪
    特徴
    アメニティ:
    洗顔 / 化粧水 / 乳液 / くし / 髭剃り / シャワーキャップ / ドライヤー
    ベビーベッド / おむつBOX / おもちゃ / バスチェア
    ※一部、男性脱衣室のみ、女性脱衣室のみのアメニティもございます。
    ※タオル / バスタオルはお部屋よりお持ちになってください。
  • 湯上り処

    湯上り処にはお茶、お水をご用意いたしております。

温泉情報

温泉

戸倉上山田温泉(天然温泉100%) 温泉掛け流し ※人工温泉含まず

露天風呂

あり(男女ともあり(時間交代含む)・貸切可)

貸切風呂

あり(条件有り)

浴場数

[露天] 男:1 女:1 混浴:0
[内湯] 男:1 女:1 混浴:0
[サウナ] 男:0 女:0 混浴:0

その他の風呂施設

展望風呂

風呂利用条件

チェックイン~チェックアウトまで、いつでも温泉にお入りいただけます。
平日(月~木)18:00~20:00に限り、30分間の貸切露天風呂が可能です。
※繁忙期不可、当館へ事前予約が必要。

入湯税

入湯税大人150円別途頂きます。

源泉地名

戸倉上山田温泉

源泉名

上山田温泉株式会社源泉(混合)
26号 / 27号 / 30号 / 32号 / 35号 / 40号 / 41号 / 43号 / 46号

泉質

アルカリ性単純硫黄温泉

泉温

摂氏44.0℃(気温33℃)

水素イオン濃度

(pH)8.63

適応症(温泉が効く疾患及び症状)

浴用
神経痛 / 筋肉痛 / 関節痛 / 五十肩 / 運動麻痺 / 関節のこわばり / うちみ / くじき
慢性消化器病 / 痔疾 / 冷え性 / 病後回復期 / 疲労回復 / 健康増進 / 慢性皮膚病
慢性婦人病 / きりきず / 糖尿病

禁忌症(入浴を控えた方が良い症状)

浴用
急性疾患(特に熱のある場合) / 活動性の結核 / 悪性腫瘍 / 重い心臓病 / 呼吸不全
腎不全 / 出血性疾患 / 高度の貧血 / その他一般に病勢進行中の疾患

浴用上の注意事項1

ア:温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日当り1回程度とすること。
  その後は2回ないし3回までとすること。
イ:温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
ウ:温泉療養開始後3日ないし1週間前後に湯当たり(湯さわり又は浴湯反応)が現われることがある。
  「湯当たり」の間は、入浴回数を減じ又は入浴を中止し、湯あたり症状の回復を待つこと。

浴用上の注意事項2

エ:以上のほか、入浴には次の諸点について注意すること。
(ア)入浴時間は、入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるにしたがって延長してもよい。
(イ)入浴中は、運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
(ウ)入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で流さない。
  (湯ただれを起こしやすい人は、逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい。)
(エ)入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
(オ)次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
イ.高度の動脈硬化症
ロ.高血圧症
ハ.心臓病
(カ)熱い温泉に急に入ると、めまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
(キ)食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
(ク)飲酒しての入浴は特に注意する。

備考

浴槽内の浮遊物は、天然温泉の湯花です。
浴室内の金属類の腐蝕は、温泉の成分によるものです。